カジノ・ギャンブル

カジノ・ギャンブルと言えばどこを思い浮かべますか?定番のラスベガス、格式高いカジノ・ド・モンテカルロのあるモナコ、美しい建築様式や伝統に触れられるイタリア、ギリシャ、ドイツなども良いですね。また、日本から比較的近く、一大リゾートとして成功を収めたマカオも有名です。2011年に2つの総合型リゾートをオープンしたシンガポールもなかなかホットな場所ですね。キラキラしたネオンと派手なエンターテイメントを楽しむにはアメリカ、優雅で伝統的な雰囲気を味わうにはヨーロッパがお薦めです。気軽に足を運びたい方には、総合型リゾートとして大成功を収めているマカオやシンガポールなどが新しさもあり良いかもしれません。ルーレットやバカラ、ブラックジャック、スロットなど、カジノ・ギャンブルのみを目的に訪れるのも良いですが、せっかくの海外旅行、各国の伝統や文化などにも触れながらそこに存在するカジノを体験してみると、旅も充実したものになるのではないでしょうか。

さて、このオンラインカジノ・ギャンブルが日本にできたらどうでしょう?現在、IR(総合型リゾート)推進法案または「カジノ解禁法案」が審議され、2016年12月2日には可決されました。自民党は今回こそ早い段階での法案の成立を目指しています。この誘致先として挙がっているのが、北海道(小樽、釧路)、宮城(仙台)、千葉(幕張新都心、成田空港)、東京(お台場)、神奈川(横浜)、静岡(熱海)、大阪(舞洲、USJ、関西空港)、長崎(佐世保、ハウステンボス)、宮崎(フェニックスシーガイア)、沖縄 (美ら海、ネオパークオキナワ)などです。実に多数の場所が名乗りを上げていますね。経済効果としての注目の高さがうかがえます。一方、反対意見としては治安悪化への懸念やギャンブル依存症への対策が不十分ということが挙げられ、国民の間でも不安と感じる人が多いのも事実です。この法案が実現すれば、日本のカジノ・ギャンブルの歴史の大きな転機となること間違いなしです。